恋愛力に集中!ラスト2日でメイクのレッスン「もしかして俺のこと好きなの?」作戦!

体験記を元に片思い成就のヒントをご紹介

恋愛力に集中!ラスト2日でメイクのレッスン「もしかして俺のこと好きなの?」作戦!

あなたのことが好きです、を
言葉ではなく、表情で伝えるのに
とても効果的なのは、頬色です。

これには、私の大好きな研究者デズモンドモリスの著書で
このように書かれています。

恋人達は頬を寄せて踊り、
古い友人たちはキスし、頬を合わせて抱擁する。
象徴的に頬は女性の全身の中でもっとも優しい部位である。

頬はまた、その持ち主の本当の感情が
そのまま現れそうな部位でもある。
なぜなら、感情の変化が色になって
頬に一番はっきりと出るからだ。

恥ずかしさや性的な当惑による赤面は
頬の真ん中からはじまり、
たちまち皮膚前面に広がり、
首や鼻、耳たぶ、胸の上部といったほかの部位にまで広がる。

赤面は基本的に「うぶ」であることを表す
人間の身体信号のようなものである。

善し悪しはさておき、
歴史的な古代書籍によると、
ハーレムなど性を売るという場において、
顔を赤らめると、高く売れた
ということもあったそうな。

つまり、
言葉にしなくとも、
赤らめた頬には
「あなたに好意があります」ということを、
視覚的に訴えられるという効果

あるんですね。

どのようなチークが好まれるのか

最近、女子高生達の間では
目のすぐ下に濃いチークをのせて
酔っ払いのコントのようにもみえるくらい
しっかりとしたチークが
流行っているような話を聞きましたが、
これはさすがにやりすぎですよね、
「こんにちは」した瞬間から、
その違和感に、話に集中できなさそう、、、

大人女子のわたしたちには、
市販のチークは少し濃すぎて、
いかにも「メイクで赤いです」という
アピールになってしまいがち、、、

なので、いつも愛用しているショップで
恋色チークをみつけ、
早速試してみたら、ものすごく自然!

実は、このチークの塗り方にも
美柚なりのこだわりがあって、
それは、耳たぶにも少し色づけるという方法!

頬色と耳たぶがほんのり高揚した演出ができます。

好きな人の前以外では、決して乱用しないように!
これで勘違いしちゃう男子も、本当にいますから(実証済み!笑)。

恋をした瞬間のポッと色付く頬

余談ですが、母の時代、
恋の始まりは、チークダンスといって
相手の頬が触れ合うくらい
身体を密接にくっつけて踊るダンスからだったという話も聞いたことがあります=^-^=

緊張や興奮など、
顔ではいくらでもごまかせるけれど、
頬の赤みや温度だけは
素直だから、
こういったところから
チークダンスは
恋愛のはじまりになったんじゃないかなって
そう思うと、
大好きな人の頬を触ってみたりもしたくなりますねヾ(〃^∇^)ノ