私達が「動物」である以上、
知的な魅力と共に、
動物的な魅力でもあるフェロモン
やっぱり高めておきたいもの!

フェロモンを効果的に増やす
とっておきの食べ物があるんですが、
選び方を間違えては
フェロモンになるか、
脂肪になるか、、、

正しく食べて、
モテ期を迎えちゃいましょ!

フェロモンは良質なアブラで作られる

日本人にも大人気のモデル
ミランダ・カーさんが愛用しているとして
紹介されたココナッツオイル

綺麗な人は、効果的にオイルを活用している
あの魅惑的なボディの秘密を知ることが
できたのですが、、
ただやみくもにアブラを摂取しても
太ってしまったり、ふきでものになったり。

まずは正しいアブラ知識から。

フェロモンのもととなる
女性ホルモンをはじめ、
ホルモンの原材料は、コレステロールです。
コレステロールは、良質なアブラに含まれる
脂肪酸からつくられます

年中ダイエットで
オイルカットばかりしていると、
生命維持に不可欠なホルモンに
優先的にまわすようになり、
性ホルモンへの供給はカットされます。

少しぽっちゃりしている女子が
もてるという理由は
性ホルモンにエネルギーが
充分に注ぎ込まれているからとも
いえるかも知れませんね!

女性ホルモンが少ないと
肌や髪にも悪影響がでるので、
見た目もパッと輝けない女性になってしまう、、、

なので、
恋愛を成功させたい

痩せたい

アブラを減らす

肌艶がなくなる

もてなくなる

というバッドループにはまらないように(><)
正しいオイル知識をもって
ぷるんともてオーラを得ちゃいましょう!

良質なアブラと怖いアブラのみわけかた

食事として摂取するアブラには、
カラダを綺麗にしてくれるアブラと、
採りすぎ注意のアブラがあります。

第一に気をつけたいのは、
マーガリンにも含まれている
トランス脂肪酸。

自然界には
トランス脂肪酸というものは
ほとんど存在しないため、
体内でうまく分解できません。

その結果、胃腸や血管にこびりついて
代謝を下げ、
アトピーや花粉症などの
アレルギー症状を起こし、
血液をどろどろにするという
様々な悪影響を及ぼすとして、
国単位で使用を禁止しているとところもあるくらい。

このトランス脂肪酸、
多くの加工油に含まれてます。
パンを食べるなら、
コンビニのパンより、
パン屋さんのパンを。
マーガリンより、バターを。

小さな心がけが
大きな結果に。

良質なアブラは主に
オメガ3系、オメガ9系と分類されるアブラ。

オメガ3系は
魚のアブラ、シソ(えごま)アブラ、亜麻仁油、インカインチ・オイルなど

オメガ9系は
オリーブオイル、ナタネ油、パーム油など

お菓子を食べるなら、
かわりに植物に含まれるアブラを
積極的に摂取してみて。

例えばアボカド
森のバターと呼ばれるほど脂質が20%ほど含まれますが、
オメガ9系、リノール酸、リノレン酸と良質。
食物繊維も豊富ですし、
水分代謝を助けるカリウムも豊富なので
まさに美容フード。

前述のココナッツオイル
中鎖脂肪酸が含まれており、
身体に蓄積されず、
既についている脂肪を
燃焼してくれるという良質アブラ。

個人的におススメなのは
低カロリーなのに、
必須脂肪酸が摂取できる「チアシード
飲み物にいれるだけで
膨張し、満腹感を得られるので、
ダイエットにも役立つ食べ物ですョ(o^-^o)

身にまとうフェロモンは「ぬめり感」

アブラ続きでお話ししちゃいますが、
アブラはアブラでも、
身にまとうアブラ。

私の一押しは、ずばり
入浴後のたっぷりオイルです。

しかも、身体を洗った後、
しっかり身体を温めた後、
タオルで水分を拭く前にオイルを塗るという方法です。
こうすると、水分の蒸発を防いでくれるうえに、
さらりとしているのに、
触るとしっとり
、ずっと触っていたいくらいの柔らか肌になります。

そして、
もっと、もっと!おすすめなのが、
トロケアウプラスという
愛用の入浴剤です。

彼と一緒に使用するのもアリですが、
休日の特別な独り時間のためにも
大活躍しています。

泡風呂ではないんです、
オリーブオイルや、水溶性コラーゲンなど
美容成分が含まれているうえ、
オスモフェリンという
フェロモンも入っているので、
女子モードになれるとっておきの入浴剤ですよ☆彡


▲お湯に溶かすと
トロリンとなるので、
お肌にも優しく、
何かに包まれているような気持ちにもなれるから、
「ご自愛メソッド」にもおススメ!
ひとりで楽しむバスタイムに。