抑えきれないこの気持ち、
早く彼に伝えたい!
そして、彼からも同じ気持ちであることを受け取りたい!

その気持ちはすごく自然ですし、
学生の頃なら、
もう、どんどん!するべきだと思います。

しかし、結婚適齢期をむかえている相手からの告白は
見極め方がとても難しいです。

学生の頃みたいに、
「付き合ってください」
「はい」
とシンプルに進めばよいのですが、

男性も結婚を意識する時期でもありますし、
仕事の責任も20代よりのしかかってきます。

さらには、男性特有なのかもしれませんが、
中年の危機と言って、
未来に対しての漠然とした不安を抱えるのも
実はこの時期なんです。

草食系男子が、
ますます臆病になってしまうのも
ちょうどこのくらいの年代なので、
爆弾のように告白は、大変危険です。
勝算があるタイミングまで
育て、見極め、気持ちを高めていくことは
とっても重要なんです。

まずは、彼のことをよく知ること。

今の仕事に対しての気持ちや、取り組み方。
また、興味あることについてを勉強したり、
彼が今、何に頑張っているのかなどを
どんどんみつけてゆきましょう。

もし、お付き合いの長いケースであれば、
彼の仕事の忙しい時期や、暇な時期、
夏にアクティブになって、冬に少し元気がなくなるなど、
彼のタイミングを知ることができるので、
年表などにしてみても良いかもしれません。

彼との距離をどんどん縮めていって、
目標は、毎晩でも電話したり、他の人に話せないような
込み入った話や相談などを受けたりして、
”事実上、もう恋人だよね?”といった
雰囲気まで持っていけたら、最高!!!

ですが、
なかなか現状はそのように動けませんでした、私。

何をやっても”友人の延長”でしかみてくれない彼に
しびれを切らして、
バレンタインデーに告白をしちゃったんです。

しかし、その結果・・・

冬に元気のなくなる彼で、
春から仕事が多忙になるタイミング・・・

そう、今思い返したら、
そのタイミングは最悪だったんです。

もちろん、答えは「NO」でした・・・。

しかし、私は彼のことを好きという気持ちは変わらなかったので、
変わらず友達として付き合ってもらっても良いかな?という言葉を付け加えました。

もちろん、その答えは「YES」でした。

私は告白をすることで、
友人という立場から、恋人候補という立場に
リセットしたかったんだと思います。

これは見事に成功し、
次の月のホワイトデーには、
チョコレートのお返しにと、ネックレスを貰いました。

普通、友達とかに装飾品はプレゼントしないよね?!と
かなり舞い上がったのですが、
そこからの進展が、本当にゆっくりでした( ̄ー ̄;