目に見えないもの、証明できないものへの探究心・・・
片思い中も、今でも不思議なこと、それは

についてです。

自分の少ない恋愛経験を振り返って、
縁についていろいろ考えてみました。

ある霊能者さんいわく、

男女間の問題には、縁の強さというものが存在し、
それは、過去世、現世、来世という
とてつもない大きな単位での中で定められたものであって、
人間の努力によって動かせるものではない

とのこと。

あるアカシックレコードの方いわく、

私たちは生まれてくる前に、
来たる人生でぜひとも経験したい、という事柄を決めてきます。
人によっては、結婚や出産もこの必須事項(宿命)の中に含まれています。

でも、相手を決めている魂は、ごく一部です。
ふつうは、可能性がいくつもあって、
その中で、お互いにいい時に出会えば、関係を持とうとするわけです。

だから、「いい相手」は一人とは限らない。
ここが、結婚相手の話をする時の難しさです。

転生の面から考えると、
私たちは未解決の問題をかかえた相手と関係を持って、
その問題を完結させようとする傾向があります。
いわば、前世から持ち越しになった宿題をやり遂げようとするわけです。

関係は、必ずしも恋愛関係ではなく、
家族や友人、仕事関係の場合もありますが。

そういう、前世で既に知っている人に出会うと、
初めてあった気がしないものです。
魂レベルでは、すでに馴染みなわけで、
だから打ち解けるのも早い。
そういう意味でも、関係が発展しやすいのです。

アカシックリーディング

もうひとつ、

そうなのかなぁ、と思わせてもらったのは、
あるお坊さんが教えてくださったお話です、

結婚相手とは、強い縁が存在する

「配偶者として同じお墓に入る相手は人生の中で一人しかいません。
だから生涯を添い遂げる配偶者は深い縁で結ばれる人。
そして、結婚相手とは、生まれたときから決められている人と、
前世でかかわりのあった人の中で、
友情とか共感とか尊敬の気持ちが育って行って愛情に変わり
結婚するという二つのパターンがあるそうです。」

結婚や出産もこの必須事項の中に含まれているんでしょう。

そして、可能性がいくつもあって、
その中で、お互いにいい時期に出会えば関係を持とうとするわけ。

そういう、前世で既に知っている人に出会うと、
初めてあった気がしないものです。
魂レベルでは、すでに馴染みなわけで、だから打ち解けるのも早い。
そういう意味でも、関係が発展しやすいのです。

もうひとつ、有名なマーフィーの本には

「赤い糸は実は潜在意識のことだった!?」という記述もあります。