過去を振り返って、自分の経験と照らし合わせて、
すごく腑に落ちたことがありました。

20代前半に、職場の方の紹介で出会った男性と
出会ってその日にお付き合いすることになりました。

10歳年上の男性は
「早く結婚して、幸せな家庭を築きたい」と言い、
結婚願望の強かった私は、
その言葉にノックアウトでした。

相手のことをよく知りもせずでしたが、
誠実そうな対応と、すぐに心を開いてくれた彼に
徐々に惹かれていきました。

結論から言うと、彼には奥さんと子供がいて、
ある日、奥さんと名乗る人から電話がかかってきました。

独身であると信じて疑っていなかったですし
(紹介してくださった方にもうそをついてたみたいでした)
そのときの裏切られた感覚は、
何かにつかまっていないと、立っていられないほどでした。

そんな恋愛に、何の意味があったのか、
わからないまま過ごしてきましたが、
こちらの方のブログを拝見していて、
少し観方が変わった気がします。

というのも、その頃の私は、とにかく仕事がうまくいかず、
結婚という安定に逃げたくてたまらなかったんです。

彼も、結婚7年目にして、奥さんとの関係に慣れがでて、
口うるさく言われる家庭から、逃げたくてたまらなかったそうです。

きっと、この”逃げたい”という波動が
ぴったりあわさった関係だったんだと思いました。
こちらの霊能者さんいわく、

先々、交際や結婚に、繋がるか繋がらないかで、今の関係を判断しようとします。

実はそれは間違いで、どのご縁にも意味があり、それは私たちが成長するために、必要な通過点なのです。

私たちの人生は、学校卒業がゴールでは無いし、就職がゴールでは無いし、結婚がゴールでは無いし、子育てがゴールでは無いし、老後の隠居がゴールでは無いし。

それぞれ、私たちの人生は成長の為の、通過点の連続なわけです。

その通過点の一つに、数々の恋愛や、結婚も含まれているだけのことです。

それぞれの通過点で、良い成績をおさめる努力をするべきなのです。

通過点は、諦めたり逃げるべきではないということです。

怜宝の心庵

私はそれ恋愛以降、
”逃げる”ということを封印しました。

仕事の責任、
親の介護、
その後の出会い、結婚について

振り返ってみたら、
恋愛でも、仕事でも、友人関係でも、
逃げた後には、必ず大きな失敗が訪れてました。

それは私の行動によるものではなく、
周りの災難に巻き込まれるといった形で、
そこからも逃げたくての連鎖でしたが、

この時の恋愛によって、
きっと”逃げる”という選択肢を減らしていったんだと思います。

今でも当たり前ですが、
辛いこと、ストレスなどはてんこ盛りですが、
それを分け合える人に出会えたことを考えると、
様々な困難にも、振り返ってありがとうを伝えたくなります。

今、ここにあるレッスンから逃げると、
年をとって、もっと肉体的精神的に弱くなった時期に
もういちどひょっこりレッスンが現れると言います。

ここでしっかり消化する、
そんな気持ちは本当に大切だなと
今でもかみ締めてます♪